浮気調査して証拠写真を抑えれば有利

夫の浮気調査は、奥様からの情報や怪しいと感じた前兆を基に調査プランを設定します。張り込みや尾行から対象者の動きを正確に調査し、時刻刻みで行動や立ち寄り先、接触人物などをわりだします。夫の浮気調査において最も重要なのは、確実な証拠を掴むことです。離婚調停等に発展した場合も確実な証拠が浮気を否定することはできないのでとても有利です。そこで、確実な証拠とはどういったものがあるのか。

夫の車に長い髪の毛が落ちていた!と持ってくる人は、多いですがこれは確実な証拠とはいえません。髪の毛があったからといって、これが浮気をしていたかには繋がりません。車に親族を乗せた、同僚を乗せたと言われてしまえばそこまでなのです。2人で食事をしている写真なども確実な証拠と思われがちですが、これも確実な証拠とはいえません。離婚の調停員が重視するポイントは、肉体関係があったかなのです。食事だけでは、浮気に直結するものでないのです。

夫の浮気調査では、尾行や張り込み等で証拠写真を撮ります。証拠能力の高いものとしては、ホテル等の出入りを複数回撮ることが理想です。しかし、そう頻繁に確認することはなかなか困難なことです。そのために、その他複数回の接触確認や手をつなぐ等の証拠を積み重ねることが重要になってきます。肉体関係のみならず浮気を疑われる証拠写真があれば確実に有利になります。