和食(懐石料理)のテーブルマナー

宴は会席料理、お茶の席を懐石料理といいます。
昔、禅宗の修業僧が、温かい石を懐に入れて、空腹をしのいだということに因んでいます。
そして、茶道とともに、お茶の席で空腹を満たすために、質素な料理で始まったものが
懐石料理ですが、現在は、上品で贅沢な料理を懐石料理と名付ける料亭が多くなりました。
旬のものを使い、中身にこだわって、食材そのものの味を楽しむものです。
懐石料理のテーブルマナーですが、本式は、かなり細かく、
箸の割り方からはじまり、主人とのやりとりや、客同士の食べる順番
など決まりごとが多いのですが、日本料理のカジュアルなお店では、それほどの
決まりごとはないので、気を張らなくても大丈夫です。
しかし、どんなに知識があっても、箸の使い方を誤ると、それだけで
マナーの悪い人ということになってしまいます。
箸の基本的なマナーは、箸置きに置いてある箸を、まず右手で揃えて持ち上げます。
そして、左手を軽く下から添えて、そのまま右手を箸の下にずらして、いつものように
箸を持つ形にして、左手を外します。
箸置きに戻すときは、箸先がテーブルにつかないように置きますが、箸の先を
懐紙で包むのも良いマナーです。
箸置きがない場合は、袋を千代結びにして、その上に箸を置きます。
割り箸の場合、割るときは膳の上ではなく、手前で静かに割ります。
食事が終わったら、箸袋に戻します。それが、食事終了ということになります。
箸の使い方の美しい人は、それだけで、マナーが良いと見られますので、
是非習得してくださいね。